社員の声3

株式会社P 社員の声

前職エンジニア、同業他社から株式会社Pに転職した採用・教育担当Yの声

採用担当Yは2014年入社。WEBデザイン1年⇒エンジニアとして8年程度経験した後、代表の伊藤に声をかけられての転職でした。

株式会社Pに入社してから、どんな仕事をしていますか?
Yさん

客先常駐で業務用Webアプリケーションの設計・開発に携わりつつ、自社の採用・教育・自社サイトやアプリのデザイン・その他雑多な社内の管理業務を担当しています。技術面ではJava&オンプレ環境に長く携わりましたが、最近はReact+Node.js&AWS環境で開発しています。

システム開発は面白いですか?
Yさん

少しずつ曖昧なものを形にしていく過程は面白いです。 常駐の仕事では人や組織のルールがまるっと変わってしまうタイミングの負荷がどうしてもありますが、仕事の進め方・人・組織の色々な在り方に触れられる貴重な機会でもあると感じます。

今の会社は働きやすいですか?
Yさん

前職は常駐の仕事しかなく、社内の交流も殆どない会社でした。 常駐と社内業務の兼任なので時間を作るのが少し大変なときもありますが、技術や仕事について意見を交わせる相手がいるのは助けられています。
自分たちの居場所を自分たちの手で少しずつ作っているので、新規メンバーとも一緒になって働きやすい居心地のよい会社を作っていきたいです。

前職の経験や、学生時代に学んだことで、今の仕事に生かせていることはありますか?
Yさん

工業高校の情報科で身につけた情報技術の基礎知識・Office系アプリの使い方・パソコンに触れた時間の長さがシステム開発の仕事をしていく上での土台になっています。また、本職のデザイナーさんには遠く及びませんが、WEBデザインを少しかじったのが幸いして、デザイン力が自分の+αのスキルになっていると感じます。

どんな会社にしていきたいですか?
Yさん

研修・キャリアアップの仕組みを毎年ブラッシュアップして、仕事を通じて人が成長していける会社を作りたいです。
その過程で自社の代名詞になるようなサービスが生まれ、それを元にまた採用を強化して…というようにサイクルを回していけたら理想的です。

転職を考えている人に伝えたいことがあればお願いします
Yさん

転職して30代の大半をこの会社で過ごした今振り返ってみると、惰性でなんとなく時間と年齢を重ねていくのではなく、チャレンジしていける環境に身を置けたことは自分にとって大きなプラスになったと思います。
採用担当として面接を行う立場からとしては、目的のための行動を起こしている方・包み隠さず飾らずお話ができる方とは一緒に仕事がしたいと強く感じることが多いです。行動を積み重ねるのが難しいことは重々承知ですが、ここまで読んでくださった方の一助になれば幸いです。

採用・教育担当より

どうも、採用・教育担当のYです。
会社としてはまだ安定にはほど遠い規模ですが、その分やれることは多く、やったことのない仕事をみんなで少しずつ挑戦しながら前に進んでいます。
エンジニア実務経験者は年中募集していますので、成長の機会を兼ねてお力添えいただけると心強いです。

システムエンジニア・プログラマ 求人に応募する:SE・PG

プロジェクトリーダー
プロジェクトマネージャー
求人に応募する:PL・PM